記事一覧

powerbook165cをコンパクトフラッシュ化、の覚書

ファイル 643-1.jpg

これを使って165cをコンパクトフラッシュ化
http://www.stratos-technology.com/cgi/Shop/start.cgi?m=DetailViewer&c=1&n=2&mod=TileViewer

apple純正以外のHDDは別途フォーマッタを用意する必要あり
HDDであればApple HD SC Setup 7.3.5にパッチあてればいいけど、
コンパクトフラッシュではフォーマットもテストも通るのに書き込みができないゴミドライブになる
なのでシェアウェアのLidoを使う
http://www.euronet.nl/users/ernstoud/lido7.html

解凍フォルダ全部だとFDに収まらないので、
機能拡張とか全部無視してソフト本体だけFDにコピーする
FDには漢字Talk7.1システム、システムイネーブラ、ファインダー、Lido、だけを入れる
システムは本体付属のインストールディスク、フォーマッタ、
CDROM用起動ディスクのどれかに700kB台のサイズの小さいのがあるので、
そこからさらにかなキーボード配列を消せばどうにかFD1枚に収まる
どれに入ってたかは忘れた

漢字TalkでFDD起動するためには、
FDをフォーマット→開く→システムをドラッグしてコピー
を最初に行わないと起動時に認識しない
アイコンに直にドラッグしてもダメ、他ファイルと一緒にドラッグもダメ
何故ダメかは知らぬ

システムイネーブラはインストールFDには入ってるけど本体付属漢字Talk7.1CD-ROMにはどこにも入っていない
漢字Talk7.5.3の無料配布版ならシステムイネーブラ無しでも動くはずだけど、
7.5.3でフォーマッタをFD1枚に収らないかもしれない

起動ディスクの作成とかCFで使えるフォーマッタのこととか、
ネット上の日本語で見れる範囲にどこにも情報がなくて四苦八苦した

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://www.politmia.net/cgi/sato3/usr/bin/perl/diary-tb.cgi/643

トラックバック一覧